RADAN Radmax ImageRADAN Radmax ImageRADAN Radmax ImageRADAN Radmax Image

PDFRADAN Radm-ax

3D板金用多軸レーザー/ウォータージェット加工システム

Radm-axは自動車、航空宇宙産業を含めた一般的な製造業向けに開発された業界をリードする多軸レーザー/ウォータージェットCAD/CAMシステムです。Radm-axは、多軸レーザー加工機やウォータージェット加工機の複雑な動きを直感的に作成できる環境を提供します。

Radm-axは、プログラム作成時間を短縮するだけでなく、加工パスの作成が効率的になり、加工機を使用した実作業時間も短縮します。また、シミュレーションを実行することにより、機械干渉や加工コストに直結するトラブルを削減し、実機でのドライランが不要になります。

  • 直感的なグラフィカル・ユーザーインターフェイス
  • インポートとエクスポートの両方に対応する豊富なCADインターフェイス
  • 多種多様な加工機に対応するポストプロセッサーデーターベース
  • 加工対象ワークをテーブル上に自由に配置可能
  • 板金加工に特化した治具の自動設計
  • 外側と内側のプロファイルへ加工パスをワンクリックで自動割付け
  • 選択した領域に対して加工パスの手動割付け
  • 無制限に配置可能なカットとノズルの編集
  • ノズル角度制御
  • 任意の点に加工条件を追加または適応可能
  • 多様な干渉検出(切断間及び切断内を含む)

豊富なCADインターフェイス

Radm-axには、CADデータをネイティブ形式で、またはIGES、STEP、DXFなどの業界標準として直接インポートできる幅広い統合CADデータトランスレーターが付属しています。標準システム構成には、DXF、AutoCAD DWG、AutoCAD-Inventor、VISI、SolidWorks、SolidEdge、IronCad、IGES、VDA、STEPインターフェイスが付属しています。
オプションとしてはCATIA V4、CATIA V5、Unigraphics、Pro Engineerトランスレーターが用意されています。Radm-axでは、CADデータを単純なワイヤフレーム、ソリッド、サーフェス、またはその両方の組み合わせで表示できます。すべての加工パスプログラミングとプロセスシミュレーションのソースとして使用されます。

加工機とデーターベース

Radm-axは多種多様な工作機械メーカーのレーザー加工機やウォータージェット加工機に対応しています(スギノマシン、三菱電機、コマツ産機、アマダを含む)。サポートされていない加工機をご使用の場合でも、マシンセットアップユーティリティーにより、加工機情報の追加が可能です。
ポストプロセッサーは一般的なGコードやMコードに限定されず、さまざまなヘッド構成やテーブル形状に合わせて簡単に作成することが出来ます。

治具の自動設計

プレス成形品の切断には、一般的に治具を使用する必要がありますが、Radm-axは様々な方法で治具を設計することができます。
1) 外部ファイルからクランプと治具をインポートし、手動で再配置
2) 「治具設計ユーティリティー」を使用し、板金から治具を作成する
「治具設計ユーティリティー」では、水平と垂直のサポートシート数、それらの連結方法 (ロックが必要な場合を含む)、および部品がどのように逃げるかを定義するだけで各シートを作成し、標準の板金サイズにネスティングし、番号参照などのアセンブリ注記を追加、治具を製造するためのNCコードを作成します。

切断パスの編集

切断作業は、一般的に外形と内形トリムの2つに分かれます。加工品の外側の切り抜きである外形トリムと、内側の切り抜きおよびその他の加工形状の内形トリムを自動で生成します。そして、全ての加工パスをユーザーが手動で編集することが出来ます。例えば、材料を保持するためにマイクロジョイントをスピーディーかつ簡単に作成し、切断ノズルの角度や治具の形状をどのように処理するかという観点からも編集が可能です。

加工機の寿命を延ばす

Radm-axにはレーザー加工パスを最適化する豊富な機能が搭載されています。たとえば、鋭角/角度の小さな形状域ではスムージングすることで加工パスを最適化し、同時に加工機の摩耗を低減します。

Radm-axに搭載されている加工パス検証とシミュレーションにより、パーツの周りを移動するノズル角度が表示されます。特定の移動が可能かどうかを加工ヘッドの移動制限やアクセスの妥当性の観点からすぐにフィードバックされます。検出された干渉は、モデルと画面上のメッセージの両方でハイライト表示されます。

干渉が発生した場合、加工パスのパラメーターは自動で修正でき、手動での編集も可能です。加工パスの安全性を確保し、最適なストラテジーを使用して処理時間を短縮します。加工パスが最適化されたら、事前に定義されたテクノロジーテーブルからピアシング条件と切断条件を選択するだけで、Radm-axは信頼性の高いNCデータを迅速に生成します。

NCデータ変換

NCデータをRadm-axに再インポートすると、同じ環境内でNCデータを画面上から確認することができます。NCデータ変換によって、機械が空間をどのように移動するかが示され、実切断前に加工パスの整合性をチェックできます。